Student interview
インタビュー記事

木村 政俊
木村 政俊 さん
企業経営コース 卒業生
平成27年3月 卒業
株式会社小野寺会計事務所 勤務
青森県立三沢商業高校 出身

1年次から3年次ゼミナールで学び、会計の世界にのめり込む

私が函館大学の入学を決めた理由は、高校生の頃から会計を中心に勉強しており、その知識を深めていきたいと思ったこと、また、経営学や経済学など他の商学系の学問を身に付け、自分の見識を広めたいと思ったからです。その他に、奨学金制度があったことやオープンキャンパスで先生と学生の距離感が近い印象を受けたことなどが入学を決めた理由です。

大学時代、特に印象に残っているのはゼミナールです。私は会計専門である、片山ゼミナールに参加していました。函館大学は、持っている簿記検定によって会計科目が免除される制度があり、その関係で1年次で受けられる会計科目がありませんでした。

そうして悩んでいたところに、職員の方が相談に乗ってくださり、入学して1か月程で私を片山先生に紹介してくださりました。片山先生は親身に相談に乗ってくださり、当時まだ1年次の私に、3年次ゼミナールへの出席を許可してくださりました。今思えば、そのときのゼミナールが、さらに会計の世界にのめり込む大きな一歩になり、大学での学びの中心になっていました。

現在の仕事は、会計事務所で毎月の帳票データの入力や確認、決算報告書?申告書の作成、特定の期間には個人確定申告や年末調整などを行っています。この仕事をする上で、実務的にも知識的にも、新しく学ぶことがたくさんありました。知識面では、税法についてほとんどが入社してからの勉強になりましたが、税法など新しい知識の習得には大学で学んだ会計が基礎になっています。

【高校生へのメッセージやアドバイス】

大学は、良くも悪くも自由な場所です。自分の努力?工夫次第で大きく成長できる反面、叱ってくれる人がいない分、どうしても気が緩んでしまいがちです。そうならないために、早めに何かの目標を持ち、それに向かって努力を惜しまないことが大切だと思います。その過程で何か壁にぶつかったときは、先生や職員の方に積極的に相談すると良いと思います。私の場合は、相談に乗ってくださった方がいたからこそ、学問と向き合う環境を整えることができました。皆さんも目標に向かってがんばってください。